IOPが出版するジャーナルの73%で、昨年のインパクトファクター値は、平均で 7% の増加をしました。そのうち25タイトルでは、10%以上の増加となっています。インパクトファクターが、2.000を超えるジャーナルは、27タイトル、さらに14ジャーナルが、3.000 を超えています。

IOP出版局のマネージング・ディレクター、Steven Hall は、次のように語っています。 「この結果は、IOPの出版するジャーナルの高い質と影響力をあたらめて示すものであり、著者からIOPジャーナルへご投稿いただいた論文は、研究者仲間から正当に評価され、引用されることを示しています。IOP出版局のチーム全体を代表して、これらの連続した成長に寄与してくださっている多数の著者、査読者、編集委員の皆様のご尽力と、力強いご支援に感謝いたします。」

特に高いパフォーマンスを示しているIOPジャーナルとして:

Journal of Physics: Condensed Matter インパクトファクター = 2.332 (19% 増加)

Physics in Medicine and Biology インパクトファクター = 3.056 (10% 増加) Institute of Physics and Engineering in Medicine (IPEM)との パートナーシップ出版

Journal of Instrumentation インパクトファクター = 3.148 (50% 増加) International School of Advanced Studies (SISSA)との パートナーシップ出版

Smart Materials and Structures インパクトファクター = 2.094 (20% 増加)

Journal of Optics increased by 39% インパクトファクター = 1.662 (39% 増加)

上記のIOPジャーナルにおける、引用数の顕著ないくつかの論文は、 電子ジャーナルサイト から、自由に無料で閲覧していただくことが可能です。