当サイトはクッキーを使用しています。貴殿が引き続き当サイトをご利用される場合は、当サイトがクッキーを使用することにご同意されたものとみなします。
さらなる詳細につきましては、個人情報保護&クッキー方針をご覧ください。
検索内容へ

環境方針

背景

英国物理学会出版局(以下「IOP」)は、環境の責任を認識しており、地元・全国的・世界的な環境損害を減少させることに貢献しています。IOP局長は、IOPがますます環境の認識を深めることに同意し、この環境方針を作成しました。当方針は、IOPの行動に起因する環境的衝撃を減ずるために実施するべき詳細を述べており、環境に適した行いを奨励しています。当方針は、ビジネスの発展、もしくは技術変化の影響に伴い変更することがあります。環境認識を高め、職員に自身の行動が引き起こす環境的衝撃を評定することを勧め、これら衝撃をいかにコントロールしていくか探求させていくことを最初のステップにしています。

IOPは下記の実施に力を注いでいます。

  1. 当エネルギー方針に記載されている通り、エネルギーの節約、および、合理的に実施できる範囲で再生可能エネルギー源・原料を使用します(下記A参照)。
  2. 適用法令の必要条件・規定に従います(下記B参照)。
  3. 環境汚染を防ぐために万全を尽くします(下記C参照)。
  4. 全職員に対して、環境認識を高め、環境に関してさらなる責任を持つことを奨励します(下記D参照)。
  5. 合理的に実施できる範囲で、出版業界における環境問題の解決方法を開発するための助力をします(下記E参照)。
  6. 職員に対して、合理的に実施できる範囲で、環境を考慮した交通手段を使うことを奨励しています(下記F参照)。
  7. 環境政策・処置・システムを維持しています。
  8. 環境に関する業務を改善しています。

成就させるために、IOPは下記を目指しています。

  • エネルギー効率の改善、および、合理的に実施できる範囲で、再生可能エネルギー源に代用することによって、エネルギー使用を減少させます。
  • 当方針を定期的に見直すことで、規定および最も効率的な実践方法の変更を考慮していきます。
  • 消費・汚染を減少させ、効率的な廃棄物処理・リサイクル処置を発達させることで、廃棄物を最小にします。
  • 全職員に対して、意欲的に環境方針の実行・発展に関わっていくことを奨励します。
  • 適した環境業務を遂行するために、IOPサプライヤーと協力体制をとります。
  • サイクリストおよび身体障害者用の設備を整え、職員に対して徒歩・自転車・公共輸送機関を幅広く利用することを奨励します。

現在までIOPは下記を成し遂げました。

  • 水消費高 ― 当社水消費高を定期的に見直し、減少させるための実用的な方法を監査しています。
  • ガス・電力消費高 ― 当社消費高を定期的に見直し、減少させるための実用的な方法を監査しています。
  • ダンボール紙リサイクル ― ダンボール紙廃棄物処分として社内に収集場所設置。
  • 紙リサイクル ― リサイクルできる紙の処分として特別な箱を職員に与えています。
  • 清掃品 ― IOPは、環境にやさしい清掃品を増やしていくことに励んでいます。
  • 職員の責任・関わり ― IOPは環境認識グループ(下記参照)を任命し、当グループは定期的に会合を持ち、様々な環境問題および職員に問題を認識させる方法に関して打ち合わせをしています。
  • グリーン輸送機関 - IOPは、職員に対して、できる限り自転車通勤をし公共の輸送機関を利用することを意欲的に奨励しています。サイクリスト用の駐輪場・更衣室を用意し、全職員に割引きバス券を提供しています。
  • 電子メール・ディスクレーマー ― 全ての送信メールにディスクレーマーが付いており、受信者に対して、メールを印刷するかどうか決める際に環境問題を考慮するよう依頼しています。
  • カーボン・オフセッティング ― IOPは職員の海外ビジネス出張のフライト詳細を記録し、これらの数値を基に、二酸化炭素排出が環境に与えうる害を制限するための処置をとっている企業に寄付金を提供しています。
  • 商品・サービス提供

    • IOPサイエンスの名のもとで、IOPコンテンツがご覧になれる電子のみによるサービスを提供しています。従いまして、印刷されたジャーナルの製作に使用されるべき紙およびその他資源の無駄を省くことになります。
    • 歴史に残るオンライン内容を提供し続けること、および、コミュニティーウェブサイト(環境サイエンスに基づいたサイトを含む。environmentalresearchweb.org参照)などの発案を通して、電子フォーマット上に最新内容を新方式で提供することに努めています。
    • IOPジャーナルにおけるページのサイズを縮小しています。従いまして、読者がオンライン・ジャーナルの記事を印刷されたい場合、紙の無駄を省くことになります。
    • 環境認識グループ
    • 環境認識グループ(以下「グループ」)は、環境問題に率先して取り組むために存在します。当グループは、エネルギー節約・リサイクル・その他関連問題を扱う上で最善の実施法を促すためのガイドラインを発行しています。また、その方針は常に見直しされており、職員からの提案も歓迎しています。

    日付:2008年3月11日
    IOP出版局・代表取締役
    ジェリー・カウヒッグ

    Environmental Policy

    Background

    IOP Publishing Limited (“IOP”) recognizes its environmental responsibilities and is committed to contributing to the reduction of local, national and global environmental damage. The Directors of IOP have agreed that IOP should increase its environmental awareness and have drawn up this environmental policy. It sets out the actions that IOP will take to reduce the environmental impact of its activities and promote environmental good practice.

    This policy will be subject to change as the business develops and may be influenced by technological changes. It is meant to be the first step in heightening environmental awareness, encouraging staff to assess the environmental impacts arising from their activities and seeking ways of controlling those impacts.

    IOP is committed to:

    1. conserving energy and giving preference to renewable sources of energy and materials wherever reasonably practicable, as referred to in its Energy Policy (see A below)
    2. complying with applicable legal requirements and regulations (see B below)
    3. doing as much as it can to prevent pollution (see C below)
    4. encouraging all of its staff to improve their awareness of the environment and to become more environmentally responsible (see D below)
    5. assisting, wherever reasonably practicable, in the development of solutions to environmental problems in the publishing industry (see E below)
    6. encouraging its staff to use green methods of transport, wherever possible (see F below)
    7. maintaining environmental policies, procedures and systems
    8. improving environmental performance

    To achieve this, IOP aims to:

    1. reduce its use of energy through improvements to energy efficiency and the substitution, wherever reasonably practicable, to renewable energy sources
    2. review this policy regularly to take into account changes to legislation and best practice
    3. minimize waste by reducing consumption and pollution and developing effective waste-management and recycling procedures
    4. ensure that all staff are given the opportunity to take an active role in implementing and developing environmental policy
    5. work with IOP suppliers to pursue good environmental practice
    6. provide facilities for cyclists and, in addition, disabled people and encourage greater use by staff of travel by foot, bicycle and public transport.

    To date, IOP has made the following achievements in this regard:

    1. Water consumption — Regular review of company's consumption to monitor any practical ways of reducing the same.
    2. Gas and electricity consumption — Regular review of company's consumption to monitor any practical ways of reducing the same.
    3. Cardboard recycling — Collection points within company for disposal of cardboard waste.
    4. Paper recycling — Members of staff given bin specifically for disposal of recyclable paper.
    5. Cleaning Products — IOP strives to use an increasing amount of environmentally friendly cleaning products.
    6. Staff commitment and involvement — IOP has a designated Environmental Awareness Group (about which, see below) which meets regularly to discuss various environmentally related issues and ways to raise staff awareness of the same.
    7. Green transport — IOP actively encourages staff to cycle to work and to use public transport wherever possible. Parking and changing facilities are provided for cyclists and all staff are offered discounted bus tickets.
    8. E-mail disclaimer — Disclaimer attached to all outgoing e-mails asks recipient to consider the environment when deciding whether to print hard copies of e-mails.
    9. Carbon offsetting — IOP records details of overseas business flights taken by its staff and makes a financial donation, based on those figures, to a company that takes steps to limit the potentially harmful effects of carbon dioxide emissions on the environment.

    Product and service offerings:

    1. Provision of electronic-only services to view IOP content in the form of IOPscience, which will help to save paper and other resources used in the production process for printed journals.
    2. Commitment to continued provision of historic online content, and new ways of providing current content, in electronic format, through initiatives like community websites (including one based on environmental science, see environmentalresearchweb.org).
    3. Reduction in page sizes for a number of IOP journals to make savings where readers prefer to print articles from the online journal.
    4. Environmental Awareness Group
    5. An Environmental Awareness Group (the “Group”) exists to develop environmental initiatives. The Group will issue guidelines on recommended best practice concerning energy conservation, recycling and other relevant issues and generally keep the policy under review. It is always pleased to receive suggestions from staff.

    Date: 11/03/2008

    Jerry Cowhig
    Managing Director
    IOP Publishing Limited

    エネルギー方針

    当方針は、IOP環境方針の必要条件に従って実行されます。

    英国物理学会出版局(以下「IOP」)は、エネルギー使用などを含む環境作用における影響を最小限にすることに取り組んでいます。IOPは、費用・二酸化炭素排出量の削減、および、気候変動に対する当局の負担金を最小限にするために、エネルギー効率を改善することを目的としています。

    IOPは、エネルギー性能の監視を続け、エネルギー使用を最も効果的にし、エネルギーへの顕著な影響を減ずるために、万全を尽くしていきます。これらの問題点は、定期的に見直しされ、継続的な改善を保証します。

    IOPは、職員啓発・トレーニングを通して、常に当局内でエネルギーに対する認識を取り上げていきます。また、関連事項についてカスタマーおよびサプライヤーと率直に意見を交し合っていきます。

    IOPは、全ての主要プロジェクト・商品がエネルギー消費、二酸化炭素排出に及ぼす影響を見直していきます。ゆえに、技術的・実用的・経済的に実行可能な場所において改善がなされるでしょう。特に、再生・持続可能な技術を利用することが考慮されています。

    建築基準において、IOPは最小基準の責務を課されています。IOPは、この建築基準をしのぐために、できる限りの場所で万全の努力をしていきます。

    日付:2008年3月11日
    IOP出版局・代表取締役
    ジェリー・カウヒッグ

    Energy policy

    This policy is implemented in accordance with the requirements of the IOP Environmental Policy.

    IOP Publishing Limited (“IOP”) is committed to minimising the impact of its operations on the environment, including its use of energy. IOP's aim is to improve the energy efficiency of its operations in order to reduce costs, emissions of CO2 and minimise its contribution to climate change.

    IOP will monitor its energy performance and will do all it reasonably can to optimise its use of energy and reduce the significance of impacts in those areas. These issues will be reviewed regularly to ensure continual improvement.

    IOP will continue to raise energy awareness within the company through the development and training of employees and will communicate openly and consult with customers and suppliers on relevant matters.

    IOP intends to review all major projects and purchases for their effect on energy consumption and CO2 emissions and, where technically, practically and financially viable, improvements will be made. The use of renewable and sustainable technologies will be specifically considered.

    For buildings, the obligations imposed on IOP under the Building Regulations will be taken as a minimum standard and IOP will do all that it reasonably can to surpass these where viable.

    Date: 11/03/2008

    Jerry Cowhig
    Managing Director
    IOP Publishing Limited